プロフィール

x葛葉x

Author:x葛葉x
CABAL ONLIE Pluto
Author:エニシア(FA)190
     リビエル(WA)成長期
国 家:カペラ
ギルド:+陽炎蝶牡丹+ (2ch)ギルマス

潤・STsoft Corp. All rights reserved. 2006 Licensed and published for Japan by Gamepot Inc.

















最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
皆様知っておいででしょうか?
.hack//シリーズの核となる黄昏の碑文をまとめてみました。
※検索サイトからのコピー纏めが主ですので間違っている部分がある可能性があります。




+黄昏の碑文+
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
夕暮竜を求めて旅立ちし影持つ者、未だ帰らずダックの竈(かまど)鳴動し
闇(ダック)の女王ヘルバ、ついに挙兵す
光(リョース)の王アペイロン、呼応して
両者、虹のたもとにまみゆ共に戦うは忌まわしき“波”
アルバの湖煮え立ち
リョースの大樹、倒る
すべての力、アルケ・ケルンの神殿に滴となり
影を持たざるものの世、虚無に帰す
夕暮竜を求めて旅立ちし影持つ者、永久に帰らず

禍々しき波の何処に生ぜしかを知らず。
星辰の巡りて後、東の空昏(くら)く大気に悲しみ満ちるとき
分かつ森の果て、定命の者の地より、
波来る先駆けあり行く手を疾駆するはスケィス
死の影をもちて、阻みしものを掃討す
惑乱の蜃気楼たるイニス
偽りの光景にて見るものを欺き、波を助く
天を摩す波、その頭にて砕け、滴り新たなる波の現出す
こはメイガスの力なり
波の訪(おと)なう所希望の光失せ、憂いと諦観の支配す
暗き未来を語りし者フィドヘルの技なるかな
禍々しき波に呑まれしとき策をめぐらすはゴレ
甘き罠にて懐柔せしはマハ
波、猖獗(しょうけつ)を極め、逃れうるものなし
仮令(たとい)逃れたに思えどもタルヴォス在りき
いやまさる過酷さにてその者を滅す
そは返報の激烈さなり
かくて、波の背に残るは虚無のみ
虚ろなる闇の奥よりコルペニク来るとなむ
されば波とても、そが先駆けなるか

“波”に蹂躙されし麦畑に背を向けて影持つ娘のつぶやきける
“きっと、きっと帰るゆえ”されど、娘は知らざるなり。
旅路の果てに待つ真実を。
彼女らの地の常しえに喪われしを

指が月を示しとき、遥かなる者、指先を見ん

系の改変、能(あた)わず我ら、その機会をすでに失してあり
残されし刻の、あまりに少なきゆえに我ら道を過てり
今にして思う我らが成すべきは、系の変更にあらず個の変化なりしかと

天を摩す“波”視界を覆いて余りあり。
遍在する力に抗すべくもなく、影なきものたち、ただ嘆息す。
なにゆえに“波”なるか。
せめて波涛のひとつもあれば一矢報いんものを

竜骨山脈を越えしおり一同、人語を解する猿に出会う。
その猿の問うていわく、
“汝につきまとうものありそのもの、およそ汝には耐えがたく受け入れがたきものなり。
されど、汝とは不可分のそのものの名を喝(とな)えよ”と

「蒼ざめた馬の疾駆するがごとくに見えざる疫病の風、境界を越えゆく。
阿鼻叫喚、慟哭の声、修羅、巷に溢るる。
逃れうるすべなく、喪われしものの還ることあらざる。
時の流れは不可逆なればなり」

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

+黄昏の碑文+外伝
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

未完な心はどこへ行くのか
それを求める旅人は 神々と出会う
神の心は影を生みまた光をも生む
光の名はアウラ
影の名はアルア
旅人は出会い そして 恋をする
それは決して結ばれぬ恋 彼女達は神
この世界は彼女達の箱庭 旅人はそれでも強く願う
けれども その願いは届かず 旅人は殺される
彼女は泣く その涙は大きな湖となり
泣き疲れた彼女は湖の島となった
いつの間にか島には神殿が建ち 不思議な世界へと変わる
彼女は今もなを旅人の帰りを待っている 永遠に

時はながれ 人は眠る 生は死へ
そこには絶望 そこには闇
生への輝きは 彼女を悲しませる
神の涙は永遠 彼女の涙も永遠
遠い時間がたち 人は滅び そしてまた誕生す
さらに時間が流れて ある旅人がこの神殿を訪れる
昼は夜へ 光は闇へ 旅人は何を求める
そして彼女はゆっくりと目を覚ます

少女は目覚め 旅人は 驚く
少女の瞳 黄金
旅人の瞳もまた 黄金
お互いに 映る その姿
似ていて 違うもの

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://kuzuhablog.blog112.fc2.com/tb.php/51-5983e3f2

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。